被災地高校生、NYで鎮魂の合唱 音楽通じて支援

 16日、ニューヨークで、米国の大学生と一緒にモーツァルトのレクイエムを合唱する宮城県の高校生たち(共同)
16日、ニューヨークで、米国の大学生と一緒にモーツァルトのレクイエムを合唱する宮城県の高校生たち(共同)
写真を見る

 【ニューヨーク共同】宮城県の高校の生徒ら27人が16日、米ニューヨークでオーケストラの公演に参加し、モーツァルトの「レクイエム」を合唱した。東日本大震災の被災地の高校生らを招き、音楽を通じて支援する毎年恒例の公演。数百人の観客からは大きな拍手が上がった。

 今年参加したのは、宮城県名取市のミュージカル団体「ハンド・イン・ハンドNATORI」に所属する高校生と仙台市内の高校2校の生徒ら。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]