準々決12Rは永井の速攻期待 グランプリ 【伊勢崎】

 伊勢崎オートのSG第21回オートレースグランプリは12日、2次予選を行った。最終12Rを制した地元ランク1位の青山周平がただ1人連勝。高橋貢、永井大介、早川清太郎、篠原睦も初勝利を収めて準々決勝戦に進んだ。SG5連続Vが懸かる鈴木圭一郎は12Rで2着。初日から(1)(2)と安定した成績を残しているものの、機力には不満たっぷり。下周り整備を施し、気配アップを目指す。3日目は、9~12Rで準々決勝戦Aを、5~8Rで同Bを実施。同A12Rは、永井の速攻に期待して本命視する。

=2017/08/13付 西日本スポーツ=

ボートレース 直前チェック予想

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]