準決12Rは鈴木圭に期待 グランプリ 【伊勢崎】

 伊勢崎オートのSG第21回オートレースグランプリは13日、準々決勝戦をメインに3日目を行った。SG5連続Vを狙う鈴木圭一郎は、10Rで5着に敗れたものの、順当に準決進出。青山周平は11R2着で連勝はストップ。ただオール2連対の安定した成績でベスト32入りを決めた。そのほかの主力勢では、高橋貢、中村雅人、永井大介、金子大輔、浦田信輔らは勝ち上がったが、木村武之は9Rで7着惨敗し、準決進出を逃した。また田中茂も10Rで反妨因。勝ち上がりの権利を失った。4日目は、9~12Rの4個レースで準決勝戦を実施。12Rは、鈴木圭の追いに期待して本命視。

=2017/08/14付 西日本スポーツ=

ボートレース 直前チェック予想

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]