西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

荒尾が最終12Rを制す 西日本スポーツ杯 【飯塚】

 飯塚オートの西日本スポーツ杯「オーバルファイト」が11日、開幕した。今節から新車に乗り換えた荒尾聡が最終12Rで圧勝。地元勢は桝崎陽介、久門徹、岩見貴史も1着で準決入りを決めた。遠征S級勢は松尾啓史、佐藤貴也、岡部聡、金子大輔が2着で予選をクリア。2日目は準決8バトル。各レースからは1着のみの8人が優勝戦に勝ち上がる。12Rは晴雨ともに篠原睦を本命視する。

 荒尾新車が吉

 新車投入が吉と出た。初日12Rを制した荒尾聡は「道中ごちゃごちゃしたから様子を見ながら走った」のに、最後はぶっちぎりの1着。「(新車は)当たり。伸びる、伸びる。一人で抜け出したらすごく伸びた。ハネもない」。並程度からの脱却へと乗り換えたが、早くもはるかに並以上の感触を得て笑顔だった。

=2017/10/12付 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]