12R永井の追い信頼 山陽王座CC 【山陽】

 山陽オートの小林啓二杯G2「山陽王座チャレンジカップ」が12日、開幕した。メインの12R選抜予選は、前回覇者の片岡賢児が素早く先頭に立って、そのまま逃げ切った。地元S級の松尾啓史は7着、丹村飛竜6着と全く見せ場を作れなかった。この日は最高気温38度で、走路温度も65度まで上昇する灼熱(しゃくねつ)走路。追いが利きづらい中で、永井大介、早川清太郎、浦田信輔、人見剛志、角南一如ら最高ハンディ8枠勢の5人はさすがの走りで1着発進を決めた。2日目は2次予選を実施。同Aの12Rは、永井の追いを信頼する。

=2018/07/13付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]