秋田が熱走路制す 西日本スポーツ杯 【飯塚】

 飯塚オートの西日本スポーツ杯「サマーファイト」が7日、開幕した。今節出場の最重ハンディ勢8人のうち、秋田貴弘だけが1着発進に成功。しかも走路温度が60度超えという過酷な条件の8Rで7車抜きを演じた。7R8枠の中尾貴志も、最重ハンディから10メートル前の位置とはいえ、この日最高の走路温度63度で1着と光る動きだった。当地前回Vの新村嘉之は12Rで5着。地元最重ハンディの辻大樹は6着、重富大輔は8着だったが、2日目準々決勝戦には駒を進めた。2日目12Rは、前田淳が的確な追いを披露して首位へ。

=2018/08/08付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]