丹村飛ら好発進 山陽G1

11R、調整でさらなる気配アップを狙う丹村飛竜
11R、調整でさらなる気配アップを狙う丹村飛竜
写真を見る

 山陽オートの第53回G1スピード王決定戦が12日、開幕した。年末のスーパースター出場組9人のうち、鈴木圭一郎、佐藤貴也、木村武之、丹村飛竜の4人が1着。丹村飛は初日一番時計(3・369)で好発進を決めた。地元勢では丹村飛のほか、大会最多の8Vを誇る岡部聡、松尾啓史、人見剛志らが白星を収めた。2日目は初日に続いて全レースで予選を実施。11Rは丹村飛が調整でさらに気配を引き上げて的確に追う。

=2018/12/13付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]