J2福岡の新監督はイタリア人 Rマドリード元助監督に託す「堅守継承」

J2福岡の新監督に就任するファビオ・ペッキア氏
J2福岡の新監督に就任するファビオ・ペッキア氏
写真を見る

 J2福岡は14日、来季の監督にレアル・マドリード(スペイン)元助監督で、イタリア人のファビオ・ペッキア氏(45)が就任すると発表した。年明けに来日する予定。

 ペッキア氏はクラブを通じ「新しい冒険について、非常にわくわくしています。日本のサッカーの成長は著しく、その証拠に今年行われたワールドカップでは素晴らしい結果を残しました。日本の文化を知ることで人間的にも、指導者としても成長できる機会を与えてくれたアビスパ福岡に感謝いたします」とコメントした。

 ペッキア氏は現役時代、イタリア・セリエAのユベントスで1997~98年シーズンにリーグ優勝を経験。引退後はナポリ(イタリア)やレアル・マドリードなどで助監督を務め、2016~17年シーズンにはセリエBのベローナ(イタリア)の監督としてセリエAへと昇格させた。

 今季の福岡は7位でJ1参入プレーオフ進出を逃し井原正巳監督(51)が退任。クラブは井原氏が築いた堅守をベースにしつつ攻撃力を高めるチームづくりを掲げ、後任を探していた。

 鈴木健仁強化部長は「主導権を持った組織的かつ攻撃的なサッカーと、堅守を兼ね備えた戦い方をチームに植えつけ、勝者のメンタリティーでJ2優勝、J1昇格に導いてくれる人物と考えています」とコメントした。

=2018/12/14 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]