ヤン・ドンヒョンJ2福岡救う! C大阪から移籍、練習合流

練習で素早い動きを見せる梁東〓(左)
練習で素早い動きを見せる梁東〓(左)
写真を見る

 開幕3試合で勝ち星がないJ2アビスパ福岡にJ1のC大阪から完全移籍したFW梁東〓(ヤン・ドンヒョン)(32)が12日、福岡市の雁の巣球技場で練習に合流し、「自分が何ゴールを決めたいというより、チームの勝利につながるゴールを決めたい」と力強く宣言した。

 韓国代表の経験もある身長186センチの大型ストライカーは、2017年に韓国のKリーグ浦項でリーグ2位の19得点を挙げた実績を持つ。昨季のC大阪では、Kリーグ蔚山で指導を受けていた尹晶煥前監督の下で16試合に出場し1得点。今季は出場機会がなく、福岡からのオファーに「(ペッキア)監督は自分を信頼していると感じた」と移籍を決めた。

 17日のアウェー岡山戦から出場可能で、この日はダッシュ走やゲーム形式の練習にフルで参加し、コンディションの良さをアピール。福岡は開幕から1分け2敗。3戦で計1得点と決定力にあえいでいる。期待のセンターFWは「内容は変えずに得点を取れば勝ち点は得られる」とアビスパの救世主になることを誓った。 (広田亜貴子)

※〓は「火へん」に「玄」

=2019/03/13付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]