西武中村逆転V3ラン

6回1死一、二塁、西武・中村は左翼席に逆転3ランを放つ
6回1死一、二塁、西武・中村は左翼席に逆転3ランを放つ
写真を見る

 伸び盛りの18歳を一振りで攻略した。2点を追う6回1死一、二塁。中村はこの日初対戦のルーキー藤平のスライダーをすくい上げた。「何とかしたいと思っていた。打ち損じと思ったら、けっこう伸びた」。2試合連発の左越え26号弾は、藤平をKOする値千金の逆転3ラン。2位攻防初戦の勝利を呼んだ。

 2回1死一塁で遊ゴロ併殺打に倒れるなど、2打席目まで沈黙。3打席目で結果を出した大砲に、辻監督は「4度の打席で1度大仕事をする。それがホームランバッター」と目を細めた。中村は腰の張りから6日に復帰以降、下位での出場が続く。この日も7番ながら、抜群の勝負強さを発揮するあたりは“4番の仕事”だ。

 今季441打席となり、シーズン規定打席まで残り2。一昨年まで6度規定打席に到達し、全ての年で本塁打王を獲得した。リーグトップの日本ハムのレアード、ソフトバンクのデスパイネの31発まで5本。「感じは悪くないし、少しずつ良くなっている」。2年ぶりの本塁打王と“伝説”継続へ、手応え十分だ。

 楽天に1分けを挟んで9連勝。ゲーム差を2・5に広げた。この日から再着用した赤基調の「炎獅子ユニホーム」では21勝4敗。縁起のいい戦闘服を身にまとい、2位の座をがっちり固める。 (松田達也)

=2017/09/14付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]