西武金子侑、盗塁王奪取へ意欲 ファンミーティング参加

ファンミーティングに参加した金子侑(中央)、浅村(左)、岡田
ファンミーティングに参加した金子侑(中央)、浅村(左)、岡田
写真を見る

 西武の金子侑司外野手(27)が6日、来季の盗塁王返り咲きを誓った。この日は埼玉県川越市で開催された「ファンミーティング2017」に浅村栄斗内野手(27)、岡田雅利捕手(28)と参加。「もう一度盗塁王を取りたい。数は何個でもいいので他の人より多く走れたら」と意気込んだ。

 昨季に53盗塁でタイトルを獲得したが、今季は左すねの故障で出遅れた。ただ、出場90試合でリーグ4位、チームでは2番目の25盗塁。「盗塁王を争えると自信になった」と手応えもあった。

 タイトルを奪い返すためにも、今季3割3分3厘だった出塁率アップを狙う。「オフは追い込まれるまでの打撃と、追い込まれてからの打撃を突き詰めたい」。背番号はこれまでの2から8に変更される。小学生の頃、ラグビーに励んでいた時に背負った番号だという。「当時はがむしゃらに走っていて、とにかく楽しかった。また、そうした気持ちで走りたい」。レオのスピードスターが、原点回帰で盗塁王奪取にトライする。 (伊藤瀬里加)

=2017/12/07付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]