西武ドラ1斉藤大キャンプA班へ 自主トレ視察の辻監督示唆

新人合同自主トレでけん制を練習する斉藤大
新人合同自主トレでけん制を練習する斉藤大
写真を見る

 西武のドラフト1位ルーキー斉藤大将投手(22)=明大=の春季キャンプA班スタートが12日、濃厚となった。この日、辻発彦監督(59)が西武第二球場での新人合同自主トレを初視察。即戦力の期待がかかる左腕について、順調にいけば主力が中心のA班に入れることを示唆した。

 辻監督が見守る中、斉藤大ら新人はキャッチボールや体幹強化のメニューをこなした。斉藤大について指揮官は「大学でもここまでやってきた選手。ぜひ(キャンプで)見てみたい」と語った。「野手は心配していないけど、問題は投手」とチームの課題を挙げるだけに、ドラ1左腕のアピールを期待した。

 斉藤大も「上を目指してやっていきたい」と気合十分。キャンプに向け「ブルペンでしっかり投げられる状態には持っていきたい」と意気込んだ。また、15年ぶりに西武に復帰した松井稼頭央外野手兼テクニカルコーチ(42)もA班スタートの方向だ。 (伊藤瀬里加)

=2018/01/13付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]