西武外崎が侍入りへ 昨秋アジアCSでMVP フル代表でも期待

3月の強化試合で侍ジャパンに選出される見通しとなった西武・外崎
3月の強化試合で侍ジャパンに選出される見通しとなった西武・外崎
写真を見る

 西武の外崎修汰内野手(25)が、3月のオーストラリア代表との強化試合(3日・ナゴヤドーム、4日・京セラドーム大阪)に臨む日本代表に入る見通しとなった。近日中にも発表される。

 稲葉監督の初陣だった昨年11月の国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」で、外崎はMVPを獲得。その時は24歳以下、または入団3年目以内という条件付きの代表だったが、フル代表で臨む今回も内外野ともこなせる対応力が高く評価された形だ。

 侍ジャパンは2020年東京五輪での金メダル獲得を目標に、若手の育成・発掘を進めている。稲葉監督は「この時期しか若い選手は試せない。いろんな可能性を含め、選考していきたい」と強調。昨年若手中心の代表で実績を残した“トノ様”は2年後も期待される存在だ。

 昨季途中から外野にも入るようになった外崎は西武の春季キャンプではシートノックで二塁と右翼を守るなど万能性に磨きをかけている。西武からは秋山、浅村が稲葉ジャパンに初選出される見通しで、そろって日の丸打線を支えることになりそうだ。

=2018/02/11付 西日本スポーツ=

ボートレース 直前チェック予想 これを買え!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]