西武・菊池フォークのキレ抜群 辻監督「風格を感じる」

紅白戦に登板し1回を無失点に封じた西武・菊池
紅白戦に登板し1回を無失点に封じた西武・菊池
写真を見る

 3年連続で開幕投手を務める西武の菊池雄星投手(26)が18日、好調な仕上がりぶりを示した。紅白戦で白組の先発を務め、1回を3人でピシャリ。真っすぐは最速151キロを計測し、フォークの切れ味も抜群だった。

 最初に迎えた打者、外崎を1ボール2ストライクからの4球目のフォークで空振り三振に仕留めた。「ブルペンでやってきたことを表現できた。十分だと思う」。菊池の表情から手応えがにじみ出た。

 初球の149キロをファウル、2球目に151キロを空振りさせ、フォークを1球見逃された後、4球目を空振り。外崎は「うなってくるようなボールだった。真っすぐが速いので負けずに対応しようと考えると、フォークを打つのは難しい」と脱帽した。

 菊池は春季キャンプでは昨年から投げていたフォークを磨き、ツーシームの習得も目指している。この試合では全10球のうち、フォークが3球でツーシームはなし。「(打者に)食い込んでいくボールが投げられたらいい」と振り返った。

 チームはこの日で宮崎南郷キャンプを打ち上げ。辻監督は菊池に「風格を感じる。何の心配もしていない」と絶大な信頼を寄せた。チームは高知に移動。菊池は25日のロッテ戦(春野)で対外試合に初登板予定だ。「次の段階に進むので、より精度を高めたい」。研ぎ澄まされたエースの歩みは、すこぶる順調だ。 (松田達也)

=2018/02/19付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]