西武・稼頭央 初打席で“貫禄”安打 「代打松井」コールに大歓声

7回1死、左前打を放つ代打・松井
7回1死、左前打を放つ代打・松井
写真を見る

 西武の松井稼頭央外野手(42)が3日、15年ぶりに復帰した古巣でのオープン戦初打席で貫禄の一打を放った。今季の“開幕戦”となった広島戦(佐賀)の7回に代打で登場。辻監督の地元での一戦で快音を奏でた。

 強い雨に加え、0-10という大差の展開での出番。それでも「代打松井」のコールには大歓声が起きた。「お客さんが拍手してくれて、結果が出てよかった」。2ストライクからの3球目。中崎の直球をたたき、鋭い打球を左前へ運んだ。

 今春の練習試合では左翼でのスタメン出場が2試合あったが、この日は初の代打出場。辻監督も「いいヒットが出てよかった」とうなずいた。「どんな場面にも対応したい」。そう決意した大ベテランが、シーズン本番でも想定される代打で結果を出した。 (松田達也)

=2018/03/04付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]