「ピンポイントで欲しい」阪神・榎田←→西武・岡本トレード 西武、待望の左先発に

榎田大樹
榎田大樹
写真を見る
岡本洋介
岡本洋介
写真を見る

 阪神の榎田大樹投手(31)と西武の岡本洋介投手(32)の交換トレードが成立し、14日に両球団から発表された。手薄な左の先発が補強ポイントだった西武からの熱烈なオファーに、阪神が応える形で合意した。

 西武の鈴木球団本部長は「ピンポイントで欲しいと伝えた」と説明。左の先発候補がエース菊池以外に見当たらず、昨季まで中継ぎでフル回転した武隈の先発転向も検討していただけに「もう1枚左が欲しかった。競争心をあおる意味もあるし、岡本と同じように谷間の先発を想定している」と強調した。辻監督も「戦力になってくれるのが一番。先発の可能性はある」と心待ちにした。

 阪神の谷本球団本部長は「ドラフトから追いかけていた西武さんから1軍の戦力として強い要望を受けた。双方にとっていいオファーだと決断した」と説明した。

 鹿児島県出身の榎田は宮崎・小林西高、福岡大、東京ガスを経てドラフト1位で2011年に阪神入団。1年目に球団新人記録の62登板、リーグ新人記録の33ホールドをマークした。昨年は3試合の登板に終わっただけに「もう一花咲かせたい」と意気込んだ。

 岡本はドラフト6位で10年に西武入団し、昨季は自己最多の6勝。「チームは変わるが引き続き自分の持てる力を発揮して頑張っていきたい」と決意を述べた。

=2018/03/15付 西日本スポーツ=

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]