秋山氏25年ぶり西武ユニ 所沢移転40周年レジェンド続々登場

西武での現役時代の秋山幸二氏
西武での現役時代の秋山幸二氏
写真を見る

 西武は22日、球団OBの秋山幸二氏(55)=本紙評論家=がメットライフドームで開催される5月27日の日本ハム戦のイベントに登場すると発表した。秋山氏は西武での現役当時のユニホームを着用して始球式などを行う予定。福岡ダイエー(現福岡ソフトバンク)に移籍する前の1993年以来、25年ぶりに「西武秋山」が復活する。

 秋山氏は81年に西武に入団。87年に本塁打王、90年に盗塁王を獲得し、外野手として8年連続でベストナインに選ばれ、中軸として黄金時代のチームを支えた。球団を通じて「西武はプロ野球選手としての自分を育ててくれたチーム。再び西武のユニホームに袖を通し、ファンの皆さんにお会いできることをうれしく思う」とコメントした。

 今年はライオンズが埼玉県所沢市に本拠地を移転して40周年で、球団はチームを支えた“レジェンド”を招待する方針。本拠地開幕戦となる4月3日のソフトバンク戦では、元監督の東尾修氏(67)と田淵幸一氏(71)が始球式などを行う。また、オレステス・デストラーデ氏(55)も今夏に来場予定という。

=2018/03/23付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]