松崎しげる予告、西武Vなら「うるさいですよ」 球団初東京D主催試合で国歌独唱

試合前、国歌独唱する松崎しげる
試合前、国歌独唱する松崎しげる
写真を見る

 ◆西武-日本ハム(17日・東京ドーム)

 西武の球団歌「地平を駈ける獅子を見た」を歌う歌手の松崎しげるが試合前に国歌を歌った。西武にとって東京ドームで初の主催試合。白いタキシード姿で熱唱した松崎は「今年はスタートダッシュに成功した。このままドーンと突っ走って、球団歌の歌詞のように獅子が駆けてほしい」と開幕から首位を走る好調なチームにエールを送った。

 西武は埼玉・所沢に移転後、10、20、30年目にいずれもリーグ優勝。40年目の今年も「10年周期のV」となるか注目されている。松崎は「(68歳の)老体にむち打って、血管が切れるまでガンガン応援します。西武が優勝したらあちこちで自分の歌が聞こえてうるさいですよ」と高笑いしながら予告した。

=2018/04/17 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]