大逆転の西武劇 絶望的スコア「0-8」の8回から何が

9回無死満塁、逆転サヨナラ打を放ちナインに祝福される西武・森(中央)
9回無死満塁、逆転サヨナラ打を放ちナインに祝福される西武・森(中央)
写真を見る
9回無死満塁、逆転サヨナラ打を放つ西武・森
9回無死満塁、逆転サヨナラ打を放つ西武・森
写真を見る

 ◆西武9-8日本ハム(18日・メットライフドーム)

 奇跡の飛球が右中間へ向かって弧を描いた。1点を追う9回無死満塁。森が決めた。逆転サヨナラとなる2点二塁打。最大8点ビハインドからの大逆転劇を完結させた。自身2年ぶりのサヨナラ打。チームメートに手荒い祝福を受け「気持ちいい! もっとぼこぼこにしてほしかった」。お立ち台で声を弾ませた。

 9回先頭の源田が左前打。続く浅村が好機を広げ、4番山川は打ちたい気持ちを抑えて四球を選んだ。ネクストバッターズサークルで森は「山川さんがホームラン打ってくれないかなあ」と弱気だったという。それでも最高のお膳立てに腹をくくった。「(相手外野陣が)前進守備だったのでかち上げた。何とか抜けてくれと…」。ヒーローは喜びをかみしめた。

 日本ハムの先発高梨に7回まで無得点に封じ込まれ、0-8のビハインド。森が「負けたんちゃうかな」と振り返るように今季初の3連敗が濃厚な展開だった。ところがどっこい、8回に打者11人の猛攻で一挙、7得点。奇跡の流れをつくり「チームが盛り上がり、絶対に逆転できると…」と興奮気味に振り返った。

 球団としては2002年の近鉄戦で記録した9点差に次ぐ大逆転勝利。8回のビッグイニングは山川と森が押し出し四球を選ぶなど随所でしぶとさも光った。終盤2イニングでの“うっちゃり”に冷静沈着な辻監督も「まさかというのが一番です。8点はしんどいと思っていた。きょうの1勝は非常に大きい」と喜びを隠さなかった。

 持ち味の強力打線が爆発し、本拠地では今季無傷の6連勝。9点差を大逆転した02年はリーグ優勝を果たした。開幕ダッシュを支えた先発投手陣に陰りが見えてきたところだっただけに、勇気が湧く今季初のサヨナラ勝ちだった。 (大窪正一)

=2018/04/19付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想
ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]