西武・金子侑が意地のヘッスラから同点ホーム 絶好調打線で一人“出遅れ”も…

6回1死、遊撃内野安打を放ち、一塁にヘッドスライディングする西武・金子侑
6回1死、遊撃内野安打を放ち、一塁にヘッドスライディングする西武・金子侑
写真を見る

 ◆ソフトバンク-西武(26日・ヤフオクドーム)

 西武の9番・金子侑が一塁ヘッドスライディングを得点に結びつけた。

 1点を追う6回1死で遊撃手前へボテボテのゴロ。ここで一塁へ頭から滑り込み、セーフを勝ち取った。一塁上は微妙なタイミングながら、ソフトバンク工藤監督はリクエストを行わなかった。

 続く秋山の右翼線二塁打で二、三塁。源田の右飛はやや浅かったがタッチアップし、俊足を飛ばし同点ホームを踏んだ。

 絶好調の西武打線は、スタメンに打率3割前後の打者がズラリ。金子侑はレギュラーでは“異色”の打率1割台だった。

 加えてこの回の攻撃直前、5回の守備では2死三塁で甲斐の右翼線への打球に飛び込むも及ばず、先制三塁打としてしまうなど空回り気味だったが、巻き返しに懸命だ。

=2018/04/26 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想
ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]