西武・今井、3カ月ぶりユニホーム練習「ありがたみ感じた」 処分解除

ユニホームを着用して練習する西武・今井
ユニホームを着用して練習する西武・今井
写真を見る

 未成年の19歳で喫煙し、球団から対外試合出場停止処分を受けていた西武の今井達也投手が2日、約3カ月ぶりにユニホームに袖を通した。西武第二球場で2軍の遠征に参加していない残留組の練習に合流。2月のキャンプ中に喫煙が発覚して処分が発表されて以来の背番号11を背負っての練習に「今まではなにげなく着ていたが、ユニホームを着られるありがたみを感じた」と神妙に話した。

 今井の処分解除は1日付。同日はチームの練習が休みで、この日が解禁となった。今後は2軍戦の登板に向けて調整する右腕は、1軍でも先発候補として期待される。「まずは2軍でしっかり結果を出して、早く1軍で活躍できるようになりたい」と決意を示した。

=2018/05/03付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]