西武・菊池、志願の再調整だった 左肩不調から復帰へキャッチボール再開

西武・菊池雄星
西武・菊池雄星
写真を見る

 左肩の張りで戦列を離れている菊池が、自ら再調整を申し出たことを明かした。登板後の張りの回復が遅れるなど万全の状態で登板できていなかったためで「ふがいない投球を続けてもチームのためにならない。『万全にする機会をください』とお願いした。苦しい決断だったけど、今しかなかった」。8日は東京都内の病院で検査を受け、患部の機能低下と診断された。リハビリも開始し、キャッチボールを再開。首脳陣は22日からの6連戦での戦列復帰を視野に入れている。

=2018/05/10付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]