西武・外崎、チーム38イニングぶりの適時打

1回2死二、三塁、左中間に2点二塁打を放つ西武・外崎
1回2死二、三塁、左中間に2点二塁打を放つ西武・外崎
写真を見る

 ◆西武6-0ロッテ(13日・メットライフドーム)

 外崎がチームとして38イニングぶりの適時打を放った。山川の右犠飛で先制した後の初回2死二、三塁で左中間を破る2点二塁打。「チャンスだったので、何とかいい流れをつくりたかった。久しぶりのタイムリーになってよかった」。停滞していた打線を鼓舞する一打に続き、木村も適時二塁打。初回の計4得点で勝機を引き寄せた。

=2018/05/14付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]