西武・救援陣交流戦4敗目 守護神・増田4戦連続失点 辻監督「また同じ質問か…」

9回2死一、三塁、ヤクルト・雄平に勝ち越し打を浴びた西武・増田
9回2死一、三塁、ヤクルト・雄平に勝ち越し打を浴びた西武・増田
写真を見る

 ◆西武4-6ヤクルト(14日・メットライフドーム)

 指揮官も嘆くしかなかった。リリーフが終盤に乱れての黒星が度重なり、辻監督は「また同じ質問か…」と自ら切り出した。交流戦は6敗目だが、うち4敗は救援陣に付いた。交流戦首位ヤクルトとの直接対決に負け越し、初の交流戦最高勝率も遠ざかった。

 同点の9回2死一、三塁、増田が雄平に勝ち越しの右前打を浴びた。続く川端にも中前適時打を浴び、まさかの2失点。ストッパーなのに4試合連続失点を喫し「切り替えてやるしかない」と肩を落とした。

 中継ぎの軸のワグナーも、1点リードの8回に川端に左前同点打を許すなど1死も取れなかった。続く大石が無死一、二塁のピンチをしのいだが、守護神が崩れた。

 今後の配置転換について問われた土肥投手コーチは「もう一度、ミーティングをして考える」と険しい表情。「勝利の方程式」を担った武隈、平井が2軍再調整中で、救援陣は苦境が続く。首位のパ・リーグでも2位日本ハムに2ゲーム差に迫られた。深刻な問題が未解決では今後の戦いも心もとない。 (松田達也)

=2018/06/15付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]