西武・新守護神カスティーヨ来日初S “配置転換”2戦目で有言実行10球締め

最後の打者・角中を二ゴロに仕留めて笑顔を見せる西武・カスティーヨ
最後の打者・角中を二ゴロに仕留めて笑顔を見せる西武・カスティーヨ
写真を見る
9回から登板、最後を締めたカスティーヨ
9回から登板、最後を締めたカスティーヨ
写真を見る

 ◆西武8-6ロッテ(24日・ZOZOマリンスタジアム)

 最後は力勝負で試合を終わらせた。ゲームセットのマウンドにいたのはカスティーヨだ。先発から抑えに“配置転換”となった助っ人右腕の来日初セーブで、西武が再開リーグ戦を勝ち越した。

 登場した9回。1死からの被弾でリードは2点となったが、ひるまなかった。中村を151キロの真っすぐで詰まらせて捕邪飛に打ち取ると、角中には最速152キロを含むオール3球真っすぐで二ゴロに仕留めた。「毎日投げることになるので、球数を10球前後に抑えていきたい」。有言実行の“10球締め”に本人は納得顔。土肥投手コーチも「球威は大きな武器。経験もあるし、落ち着いていた」と評価した。

 開幕から先発ローテーションの一角として5勝を挙げながら、守護神の増田らがピリッとせず、首脳陣は救援陣を再編。大石を昇格させ、リーグ戦再開のタイミングでカスティーヨを新ストッパーに指名した。抑えとして初登板となった22日は3与四球などで1失点。「最初は準備のタイミングや力の入れどころがつかめなかった。それが分かれば問題ない」と前向きに捉え、2試合目にして適応しつつある。

 一方中継ぎに回った増田も2番手で先発の榎田を好救援。8回の1イニングを無失点で締めたヒースを含め、まだ手探り段階ながら「新勝利の方程式」が見えてきた。辻監督は「これが今のところの勝ちパターン」と強調。定着すれば、これまで勝ち試合を何度も落とした“魔の終盤”とおさらばできる。 (松田達也)

=2018/06/25付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]