西武・菊池「同じマウンド夢のよう」 球宴3度目出場で初先発

西武・菊池=6月22日撮影
西武・菊池=6月22日撮影
写真を見る

 3度目の球宴出場で初めて先発することが決まった西武の菊池雄星投手(27)が12日、憧れの大先輩との“対戦”を心待ちにした。自身が登板する第1戦、全セは同じくファン投票で選ばれた中日の松坂が先発する。「同じマウンドで投げられることは夢のよう」と高ぶる思いを口にした。

 西武の現エースとして堂々とマウンドに立つ。松坂の出場は西武時代の2006年以来。菊池はその4年後に入団し、昨年は最多勝と最優秀防御率の2冠に輝き今年も前半戦で8勝を挙げている。エースの称号を受け継ぐ左腕は「西武でもメジャーでも松坂さんが活躍していた姿を見ていた。オールスターで投げ合えることは違った楽しみがある」と力を見せるつもりだ。

 13、17年と過去2度の出場はいずれも中継ぎ登板だった。今回は9回で118球を投げた8日の楽天戦から中4日。後半戦を見据えれば無理はできないが、開幕から首位を走るチームのエースとしての自覚もある。「楽しんで投げるのが一番。あとはいろんなことを吸収したい」。日本最速を誇る左腕として、復活を遂げた「平成の怪物」にも負けないスポットライトを集める。 (松田達也)

=2018/07/13付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]