松坂から3ラン 西武・森が地元大阪でMVP「一生の思い出」西武から7年ぶり 球宴第1戦

1回2死一,三塁、西武・森が右越えに3ランを放つ。投手・松坂
1回2死一,三塁、西武・森が右越えに3ランを放つ。投手・松坂
写真を見る

 ◆マイナビオールスターゲーム2018:第1戦 全パ7-6全セ(13日・京セラドーム大阪)

 西武・森が2安打3打点の活躍でMVPに選出された。

 初回に中日・松坂から右翼ポール際へ3ラン。この回一挙5得点の立役者となった。かつての西武のエースからの一発に「ホームランを狙って打席に立ちました。試合前から『対戦したいな』とずっと思ってたので、打てて良かったです。これは一生の思い出になるなと思います」と、お立ち台で声を弾ませた。

 3回には阪神メッセンジャーから二塁打を放った。ファン投票での選出は今回が2回目ながら、前回はDH。捕手では今回が初めてで「まだまだヘタクソですけど、選んでもらってありがとうございます」と述べると、地元大阪のスタンドから笑いと拍手が起きた。「すごく大きな声援でした。明日(14日の第2戦)もホームラン狙って頑張ります」と威勢が良かった。

 なお西武からのMVPは2011年第2戦の中村以来7年ぶり。森にとって大阪桐蔭高の先輩スラッガーに続く選出となった。

=2018/07/13 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]