西武・菊池8回1失点12勝 「やっぱり1番じゃないと面白くない。優勝しましょう」

7回2死、銀次を投ゴロに仕留める菊池
7回2死、銀次を投ゴロに仕留める菊池
写真を見る

 ◆西武10-5楽天(14日・メットライフドーム)

 菊池がエースの名に恥じない快投を演じた。今季はここまで対戦防御率5・09と苦戦していた楽天を相手に8回を2安打1失点。今季12勝目を挙げ「優勝するには、こういう時期が来ると思っていた。勝たないといけない試合だった」と力を込めた。

 立ち上がりから真っすぐの球威、変化球の切れも抜群で「全てのボールがコントロールできた」と胸を張った。当初は15日のソフトバンク戦に先発するプランもあったが、首脳陣が相性などを考慮。楽天戦を託され、最高の結果を出した。

 「必ず初戦を取るという思いだった。もちろん(15日に)投げたい思いはあった」。左脇腹を2試合連続で痛めた不安も一掃し、次回は中5日で20日のロッテ戦に回り、27日のソフトバンク戦の先発をにらむ。「やっぱり1番じゃないと面白くない。優勝しましょう」。10年ぶりの頂点をあらためて見据えた。

=2018/09/15付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]