西武・榎田初10勝 プロ8年目

勝利投手の榎田(右)を迎える西武・辻監督
勝利投手の榎田(右)を迎える西武・辻監督
写真を見る

 ◆西武12-4日本ハム(19日・メットライフドーム)

 榎田がプロ8年目で自身初の2桁勝利を達成した。初回に4四死球という不安定な立ち上がりだったが1失点でしのぐと、2回以降は立ち直った。「初回は大丈夫だろうかと自分でも思った。でも何とか粘れた」。7回を被安打3の2失点にまとめ、自身4試合ぶりの白星をつかんだ。15勝の多和田、12勝の菊池に続く10勝で、球団では2012年以来のシーズン3人目の2桁勝利となった。「奇跡というか、いつも打ってくれる野手の皆さんのおかげ」。開幕前に阪神からトレード移籍した左腕が、新天地で大きく花開いた。

 西武・源田(3回に逆転の4号3ラン)「会心の当たりじゃないと(フェンスを)越えないから。(松井)稼頭央さんのバットを借りて打てたので、しばらく使いたい」

=2018/09/20付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]