西武“水入り”に明暗? 菊池、万全スライド ルーキー伊藤はプロ初先発お預け「投げたかったです…」

ウオーミングアップする西武・菊池
ウオーミングアップする西武・菊池
写真を見る

 10年ぶりのVに向けて6連勝と波に乗る西武が、“水入り”を強いられた。20日のロッテ戦(ZOZOマリン)は雨天中止。中5日で先発予定だったエース菊池雄星投手(27)は21日の同カードにスライド登板が決まり、中6日と万全の状態でマウンドに上がる。

 試合前練習から雨が降り、開始予定時刻の1時間前に中止が決定。室内練習場で軽くキャッチボールを行った菊池は「(ブルペンで)投げる前で良かった。肩をつくる前だったし、この(グラウンド)コンディションで投げるより、明日万全の状態で」と前向きにとらえた。

 自身のコンディションにもプラス1日が好材料となりそうだ。中5日の予定が、本来の中6日で投げることができる。「中5だったし、プラスにとらえたい。一生懸命投げるだけ」。今季2度の中5日先発では白星を逃しており、調整十分でマジック減らしに挑む。

 一方で雨を恨めしそうに見つめたのはルーキーの伊藤だった。21日はプロ初先発が予定されており、千葉県出身の19歳は両親や友人を招待していたという。登板前日の囲み取材を受け、「大事な時期にチャンスが巡ってきて楽しみです」と意気込みを語っている最中に中止が伝えられた。「投げたかったです…。仕方ない」。表情は曇ったが、リリーフとして待機予定だ。

 9連戦のまっただ中の“水入り”に明暗?は分かれた格好だが、チーム一丸でVに突き進む姿勢は変わらない。辻監督は「自然には逆らえんな」と苦笑い。仕切り直しで万全のエースがVロードを加速させる。 (小畑大悟)

=2018/09/21付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]