西武・榎田、粘投で11勝「去年の今ごろは…」

11勝目を挙げた西武・榎田(右)を握手で迎える辻監督
11勝目を挙げた西武・榎田(右)を握手で迎える辻監督
写真を見る

 ◆日本ハム2-3西武(2日・札幌ドーム)

 榎田が粘りの投球で11勝目を飾った。初回、先頭松本に初球を被弾。最悪の立ち上がりとなったが、その後は走者を背負いながらも要所を締めた。「いっぱい、いっぱいだったけど、何とか粘り強く投げることができた。次の1点をやらないようにと思った」。昨季阪神で0勝の左腕が新天地で自身初の2桁勝利。「去年の今ごろはプロ野球選手でいられるのかを考える時期もあった。西武に来て本当にうれしい」と満面の笑みを浮かべた。

=2018/10/03付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]