西武“ジンクス”覆せず5連続敗退 セレモニーで辻監督号泣「悔しいです」

試合後、ファンへのあいさつの途中で声を詰まらせる西武・辻監督
試合後、ファンへのあいさつの途中で声を詰まらせる西武・辻監督
写真を見る
戦い終え、握手を交わす西武・辻監督(左)と工藤監督
戦い終え、握手を交わす西武・辻監督(左)と工藤監督
写真を見る

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ:第5戦 西武5‐6ソフトバンク(21日・メットライフドーム)

 10年ぶりにリーグ優勝した西武はレギュラーシーズン2位のソフトバンクに2勝4敗(アドバンテンテージの西武1勝を含む)で敗れ、前回日本一となった08年以来の日本シリーズ進出を逃した。

 崖っぷちの第5戦もソフトバンクに終始リードを許す展開。今CSで不調が際立っていた秋山、中村がそれぞれ2安打を放ち、9回はその中村のソロで1点差に迫ったが及ばず、3連敗で終了した。

 試合後、最終戦セレモニーでマイクの前に立った辻監督は、その場で顔を覆い号泣。長い沈黙の後に「悔しいです。まさか今日、2018年シーズンが終了するとは考えてもいませんでした。来年は必ず日本一を取るため、一丸となってこれからスタートしたい」と声を震わせながら誓った。

 2007年に始まったCSで、西武はファースト(第1)とファイナル(第2)両ステージを通じ出場は今回が8度目。このうち突破は08年第2、11年ファーストの2度で、その後は5連続で敗退となった。突破時の相手はいずれも日本ハムで、敗退時の相手はソフトバンク3度、ロッテ2度、楽天1度。日本ハム以外には勝てない“ジンクス”をまたもはね返せなかった。

〈西武の07年以降CS成績〉
08年第2 突破(日本ハム)
10年第1 敗退(ロッテ)
11年第1 突破(日本ハム)
11年第2 敗退(ソフトバンク)
12年第1 敗退(ソフトバンク)
13年第1 敗退(ロッテ)
17年第1 敗退(楽天)
18年第2 敗退(ソフトバンク)
カッコ内は対戦相手

=2018/10/21 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]