西武・炭谷、巨人入り濃厚 海外FA権行使表明、球団は引き続き慰留

球団事務所を後にする西武・炭谷
球団事務所を後にする西武・炭谷
写真を見る

 西武の炭谷銀仁朗捕手(31)が8日、メットライフドーム内の球団事務所で会見し、海外フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。これまで保有する権利を行使せずに残留を続けてきたが「年齢的にもタイミングはラストと思った。悩んだが、他球団の評価を聞きたい」と思いを語った。

 獲得に乗り出すとみられる巨人入りが濃厚で、西武は引き続き残留を要請する方針。「どんなチームでも出場機会が確約されるということはない。まだ自分は勝負できると思っている」。ポスティングシステムで米メジャー挑戦を目指す菊池とともに、看板バッテリーがそろってチームを離れる危機的な状況が近づいている。

=2018/11/09付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]