西武の“ムードメーカー査定”は? 熊代が保留第1号、現状維持に納得できず

契約を保留した西武・熊代
契約を保留した西武・熊代
写真を見る

 西武の熊代聖人外野手(29)が5日、メットライフドームで契約更改交渉に臨み、現状維持となる推定年俸1000万円とみられる提示を保留した。

 10年ぶりにリーグ優勝を果たした西武選手の契約更改交渉では今オフ初の保留。「優勝した中で控えの選手も数字で出ない貢献をしている部分もある。もう少し評価してもらいたい」と話した。

 昨年は入団以来初の1軍出場なしに終わったが、今年は25試合に出場。安打はなかったものの、内外野だけでなく捕手の練習にも取り組んだという。試合前のユーモアあふれる声出しでも優勝争いをするチームを盛り上げた。

 「声出しを評価してくれというつもりはない。ムードメーカーという存在になれたのは大きいし、内外野を守れるユーティリティー性もある。世間の人や他の11球団の人が見たら妥当(な評価)と思われるかもしれないけど、優勝した中で気持ちでも評価していただきたかった」と嘆願した。

=2018/12/05 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]