西武・金子侑、喜べない昇給「自分が嫌いに…」 2軍監督になった恩人に恩返しを

契約を更改した西武・金子侑
契約を更改した西武・金子侑
写真を見る

 西武の金子侑司外野手(28)が5日、メットライフドームで契約更改交渉に臨み、今季年俸から700万円増の5700万円でサインした。(金額は推定)

 会見では「正直、下がっても仕方ないと思っていた。自分を応援してくれた人や信じてくれた人を散々裏切ってがっかりさせた。自分には一番がっかりした」と増額更改とは思えない表情だった。

 6年目の今季は111試合に出場。開幕スタメンも打率2割2分3厘と打撃がふるわず、夏場には2軍での再調整も味わった。「数え切れないくらい自分が嫌いになりそうだった。(来季は)もっと自分を好きになれるように頑張りたい」と前を向いた。

 例年、1月の自主トレで師事していた松井稼頭央が今季限りで引退し、2軍監督に就任した。「違うチームのときから自主トレでお世話になって、最後に1年間一緒にプレーできていい経験になった。2軍監督になられるので、来年は一回も顔を合わせずに1軍でばりばり活躍することが恩返しになる」と恩人との“決別”を誓った。

=2018/12/05 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]