西武・多和田と森、失点撲滅 「守り勝つ野球」へ共闘宣言 バッテリー賞表彰式

最優秀バッテリー賞の表彰式で笑顔を見せる(前列左から)西武・森、広島・会沢、(後列左から)西武・多和田、広島・大瀬良
最優秀バッテリー賞の表彰式で笑顔を見せる(前列左から)西武・森、広島・会沢、(後列左から)西武・多和田、広島・大瀬良
写真を見る

 西武の多和田真三郎投手(25)と森友哉捕手(23)が12日、共同作業での失点減らしを誓った。今季は10年ぶりのリーグ優勝を果たしながら、チームの防御率4・24、653失点がともにリーグワースト。先発の柱と正捕手候補が先頭になって改革に取り組む。

 広島の大瀬良、会沢とともに最優秀バッテリー賞を初受賞した2人は、東京都内での表彰式に出席。74試合でスタメンマスクをかぶった森は「今年は逆転勝ちが多かったけど、もっと失点を抑えないと」と強調。来季は打ち勝つだけでなく、守り勝つ野球も目指す。

 16勝で最多勝の多和田も、自身の防御率は3・81と苦しんだ。森の言葉に呼応するように「一点でも失点を少なくしたい」と口にした。今季は多和田が登板した全試合で森がマスクをかぶった。来季の中心と期待されるバッテリーは、さらなる成長を誓い合った。

 チームからは昨年の菊池&炭谷に続く2年連続の受賞だが、菊池は米メジャーに挑戦し、炭谷も巨人に移籍した。森は「大きな戦力は抜けたが、補えるようにしたい。バッテリーで勝ったといえる試合を増やしたい」と主軸の自覚がこもった言葉で来季を見据えた。 (松田達也)

=2018/12/13付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]