西武のルーキーが見た辻監督 怖い?優しい?「目出し帽をかぶってるかと…」

西武の新入団発表会見に出席した新人たち。後列中央は辻監督
西武の新入団発表会見に出席した新人たち。後列中央は辻監督
写真を見る

 西武は13日、埼玉・所沢市内で新入団選手発表会見を開いた。ファンクラブの会員も招いて行われ、育成の3人を含む計10選手が真新しいユニホームに袖を通し、意気込みを披露した。

 ドラフト1位の松本航(22)=日体大=らがプロでの抱負などを語った後、辻監督があいさつ。来季は菊池、浅村、炭谷の3選手がFAなど移籍で抜けることに触れ「これは若い選手にとって大きなチャンスだし、埼玉西武ライオンズが大きく変わるきっかけになる。来シーズン、ここにいる10人の中から、間違いなくチームの優勝に貢献してくれる選手がいると信じています」と期待を口にした。

 質疑応答では、辻監督の第一印象を問われた選手たちが素直な回答を連発。松本は「黒い顔」と見た目のままに答え、2位の渡辺勇太朗投手(18)=浦和学院高=は「怖そうな方だと思っていたけど、実際見てみると優しそうでした」とギャップを口にした。

 6位の森脇亮介投手(26)=セガサミー=が「目出し帽をかぶってるのかなと思いました」と大胆に発言すると、会場のファンは一瞬あっけにとられながらも爆笑。辻監督が内野手出身であることも踏まえ、7位の佐藤龍世内野手(21)=富士大=は「内野手には厳しいと聞いていたんですけど、実際会ってみると優しそうでした。瞳の奥に怖い瞳が…それが印象です」と答え、辻監督は苦笑しながら優しいまなざしを送った。

=2018/12/13 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]