西武オーナー“悲願”のV旅行へ出発 今春キャンプでハワイ発言を控えた理由

ハワイへ出発した西武の一行。花束を手にしているのが後藤オーナー
ハワイへ出発した西武の一行。花束を手にしているのが後藤オーナー
写真を見る

 10年ぶりのリーグ制覇を達成した西武が14日、米ハワイ州ホノルルへの優勝旅行に出発した。成田空港ではセレモニーが行われ、選手や家族、関係者ら約150人が参加した。

 あいさつに立った後藤高志オーナーが持ち出した話題は昨年2月の宮崎・南郷キャンプでナインに行った自らの訓示だ。「2年前に『ハワイに行きたい』とお願いしたら2位。だから今年のキャンプではあえて言わなかった。2年越しの思いがかなって、本当にうれしい」と目を細めた。

 西武グループはハワイに複数のホテルを保有、運営しており、チームが今回宿泊するのは昨年に全面改装したばかりの「プリンスワイキキ」。昨春キャンプでの後藤オーナーの発言はリニューアルして間もないホテルを利用できるという“ニンジン”の意味を込めたもので、1年遅れで実現した格好となった。

 就任2年目で後藤オーナーの願いをかなえた辻監督もうれしそうな表情だ。5泊7日の日程となっている現地での過ごし方を問われ「何もしない。ゆっくりするよ」とリラックスした表情で飛行機に乗り込んだ。

=2018/12/14 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]