西武・森、球団史上最強の「打てる捕手」に 先発100試合&3割に挑む

打率3割を目標に掲げ打撃練習する西武・森
打率3割を目標に掲げ打撃練習する西武・森
写真を見る
チューブを使い練習する森
チューブを使い練習する森
写真を見る

 西武の森友哉捕手(23)が10日、球団史上初となる先発捕手100試合以上での打率3割を目標に掲げた。伊東勤(現中日ヘッドコーチ)ら歴代の名捕手も届かなかった3割の壁。球団では正捕手での3割は西鉄時代の1962年の和田博実(先発捕手74試合)までさかのぼる。「キャッチャーとして出続けて、3割打ちたい」と意気込んだ。

 山川との沖縄自主トレでは多くの時間を打ち込みに割いている。「一番は振り込み。バットを振ることを意識している。技術も大事だけど、振れないと(自主トレで)何をやってきたんやとなってしまう」と言い切った。

 春季キャンプでは捕手としての練習の比重が大きくなる。それも見据えて1月は打撃メインだ。捕手として74試合に先発した昨季は、シーズン終盤に打撃面で息切れした。優勝争いの大詰めを迎えた9月の月間打率は2割1分4厘と低迷し「大事な時期に打てなくて悔しい思いをした。誰でもスランプはあると思うけど、僕はその期間が長すぎる。早く抜け出せるようにしないと」。

 その答えが自主トレで打ち込みの“貯金”をつくることだった。「スイングスピードも上げて、体力もつけられる」。50発を目指す山川とスタンドに放り込む練習を続けている。正捕手での3割。球団史を塗り替える「打てる捕手」を目指す。 (小畑大悟)

=2019/01/11付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]