西武・内海「戦力になれるように」 元G戦士新天地で飛躍誓う

西武第二球場で投球フォームを確認する西武・内海
西武第二球場で投球フォームを確認する西武・内海
写真を見る
中村に抱きつく西武・内海(右)
中村に抱きつく西武・内海(右)
写真を見る

 フリーエージェント(FA)で巨人に加入した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償として西武に移籍した内海哲也投手(36)が23日、埼玉県所沢市の西武第二球場での自主トレを公開した。ランニングや最長80メートルの遠投などで汗を流し、新天地での活躍を誓った。

 「順調に仕上がっている。(巨人で)15年やってきた経験を16年目に生かせるように。1年間戦える体づくりをやっていきたい」。21日までは鹿児島・奄美大島で自主トレを行い、「キャッチボールの延長で傾斜でも投げた」とブルペンにも数回入ったという。

 温暖な地から肌寒い所沢に戻り、いったんペースを抑える考え。その目は「2・1」を見据える。「毎年そのつもりで体をつくっている。(ブルペンに)入るつもりでいきます」。調整を一任されている通算133勝左腕もブルペンに一番乗りするつもりだ。

 新天地で再出発する巨人の元エース。「(西武で)まずは認めてもらえるように努めたい。戦力になれるように人間関係からつくっていく」。2桁勝利は2013年が最後。「ここ数年は2桁(勝利)もないけど、1年を通して頑張りたい。不安もあるけど、まずはチーム内の競争に勝っていく」。裸一貫から「獅子の内海」が動き始めた。 (小畑大悟)

=2019/01/24付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]