西武ドラ1松本航は則本級 開幕ローテ候補

ブルペンで捕手を座らせて投球練習する西武・松本航
ブルペンで捕手を座らせて投球練習する西武・松本航
写真を見る
投球練習を終え捕手の森(左)と話す松本航
投球練習を終え捕手の森(左)と話す松本航
写真を見る

 007に「ワタル警報」! 西武のドラフト1位の松本航投手(22)=日体大=が2日、今キャンプで初めて捕手が座った状態でのブルペン投球を行った。直球のみ31球。力強い球を森のミットに収め、他球団スコアラー陣の視線をくぎ付けにした。

 「キャッチャーが森さんで審判(球審)もいたので緊張した。フォームを意識して投げた」。最速155キロ右腕がベールを脱いだ。初めて松本航の球を受けた森は「ボールの重さもあるし、スピン量もある。真っすぐが強かった」と評した。

 さらに警戒を最大限に強めたのが、西武と開幕カードを戦うソフトバンクの007。竹口昭憲先乗りスコアラーが「真っすぐの質がいい。楽天の則本(昂)みたいな感じ。十分ローテに入ってくる」と昨年まで5年連続最多奪三振の剛腕の名を出すほどだ。

 西武の小野投手コーチは「指にかかったボールはすごくいい」とうなずく。「開幕ローテ候補か?」と問われて「当然です」とにやり。当の松本航は「まだ6から7割ぐらい。焦らずにしっかり練習していく」とマイペースを崩さないが、獅子のドラ1の評価はうなぎ上りだ。 (小畑大悟)

=2019/02/03付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]