西武ドラ3山野辺パンチ力あるぞ! 2発柵越え、打でもアピール

打撃練習する西武・山野辺
打撃練習する西武・山野辺
写真を見る

 西武のドラフト3位の山野辺翔内野手(24)=三菱自動車岡崎=が7日、打撃でも正二塁手取りをアピールした。宮崎・南郷キャンプで打撃投手として登板した佐野から2本のスタンドイン。パンチ力を見せつけ、新人の評価はうなぎ上りだ。

 山野辺は左腕佐野から11スイング中、安打性の当たりを4本。うち2本は左翼芝生席へと消えた。「しっかりと振る打撃をしたいと思った。狙って(本塁打を)打ったわけではないが、強く振った結果です」。十分な手応えが両手に伝わった。

 早出から下半身を意識した打撃を繰り返した。赤田打撃コーチは「最初は下半身の使い方がもうひとつだったけど、下が使えるようになってきた。飛ばす力はあるし、外崎のようにパチンと当たったときの本塁打もある」とパンチ力も期待する。

 直球のみの対戦だったが、先輩の助言も生かした。食事に誘われた秋山から「(打撃投手は)真っすぐだからと、変に変化球を意識しなくていい」と教わった。真っすぐを待って、真っすぐを打ち返しての柵越え2発。「足を生かせるような選手を目指しているけど、本塁打も打ちたい。パンチ力も取りえだと思っている」。身長170センチ、体重74キロと小柄な山野辺が大きなアーチを描いた。 (小畑大悟)

=2019/02/08付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]