西武・今井に「エース道」注入 西口コーチが徹底指導

西武・西口投手コーチ(左)に声をかけられる今井
西武・西口投手コーチ(左)に声をかけられる今井
写真を見る

 西武の今井達也投手(20)が13日、通算182勝を誇る西口文也投手コーチ(46)から「エース道」を注入された。同コーチが見守る中、59球のブルペン投球。宮崎・南郷キャンプでは徹底指導を仰ぎ、2桁勝利に向け、力感のないフォーム固めに取り組んでいる。

 今井は変化球を交え、一球一球、丁寧に投げた。「リリースの前に力みが出ると、(力を)出し切れないし、ぶれたり、体が開いたりしてしまう。最後にだけ力が入るように、ブルペンに入るたびに言われています。同じことの繰り返し」。腕を振る右腕の横で西口コーチが目を光らせていた。

 今井にとっては西武のエースに君臨した西口コーチはまさにお手本だ。ホテルに戻っても西口コーチ、渡辺GM、岸(楽天)の映像を見返しているという。「140キロ台の直球と変化球をコースに投げ分けるのは共通している。1年間ローテを守るためには必要なこと」。かつての西武を背負ったエースたちの投球を見直し、フォームを固める。

 そんな姿を西口コーチも自身の現役時代と重ねた。「体重や身長もあまり(自分と)変わらない。似ていると言えば似てますね。どれだけ力感なく投げるのかが大事。しつこく言えば、頭に残るはず」とうなずいた。昨季は5勝と足場を築き、3年目にして初めて腰を据えて臨むA班(1軍)キャンプ。「いい背番号を頂いている。チームの期待に応えていかないといけない」。元エースと二人三脚でエースへの道を駆け上がる。 (小畑大悟)

=2019/02/14付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]