西武・開幕は多和田 辻監督サプライズ発表、スコアボードに表示

開幕投手多和田を伝えるスコアボード
開幕投手多和田を伝えるスコアボード
写真を見る
握手を交わす西武・辻監督(左)と多和田
握手を交わす西武・辻監督(左)と多和田
写真を見る

 西武の辻発彦監督(60)が18日、粋な演出で開幕投手に多和田真三郎投手(25)を指名したことを発表した。宮崎・南郷キャンプ最終日の全員での手締め直後、バックスクリーンの電光掲示板でサプライズ発表。3月29日のソフトバンクとの開幕戦(ヤフオクドーム)を最多勝右腕に託した。

 南郷での1次キャンプを無事に終え、首脳陣や選手がメイングラウンドに集まった。増田選手会長の一本締めで労をねぎらうと、スコアボードに文字が浮かんだ。「開幕投手 多和田真三郎」。選手らには明かしていない辻監督の演出だった。

 通達は同日の朝。球場に着くと、多和田を監督室に呼んだ。15日のブルペン投球で決断したという。「開幕いくぞ」と伝えた。エース菊池が抜け、昨季最多勝の右腕は最有力候補に挙げられていたが、辻監督はこの日の発表に「今日は友引。友を引くということでチームを引っ張ってもらいたい。エースと呼ばれる投手になってほしい」という願いを込めていた。

 4年目で初めて大役の指名を受けた多和田は円陣の中央に導かれ、「日本一取るぞ!」とガッツポーズを決めた。「(開幕は)エースが投げるポジション。まだまだ向上してそうなれるようにしたい。とても大事な試合なので恥じないような投球をしないといけない」と表情を引き締めた。

 チームは高知に移動し、20日からは対外試合に突入する。辻監督は「いい雰囲気でやれた」と充実の南郷キャンプを総括。V2への第1球は多和田に託された。 (小畑大悟)

=2019/02/19付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]