獅子脅し打線、長崎凱旋の大瀬良から初回3点!

1回無死一、二塁、先制適時二塁打を放つ西武・秋山
1回無死一、二塁、先制適時二塁打を放つ西武・秋山
写真を見る

 ◆オープン戦 西武-広島(3日・長崎)

 西武の2019年型「獅子脅し打線」が、初回から昨年のセ・リーグ最多勝右腕に牙をむいた。広島の先発は地元長崎県出身の大瀬良。初回、金子侑が中前打で出塁すると、源田も中前打でつないだ。無死一、二塁のチャンスで3番秋山が中越え先制二塁打。「打ったのはスライダーかなと思います。手応えはまあまあ良かった。1、2番がいい形でチャンスをつくってくれたので、その勢いに乗って思い切り打つことができた」と振り返った。

 その後も山川の遊ゴロで1点を加え、森の左翼線二塁打で3点目。初回だけで4安打を集め、凱旋(がいせん)登板の大瀬良を相手に強打を見せつけた。

=2019/03/03 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]