宿敵ホームで「どすこい~」 山川1号満弾で西武11点

6回、満塁弾を放ちベンチ前で「どすこいポーズ」を決める西武・山川
6回、満塁弾を放ちベンチ前で「どすこいポーズ」を決める西武・山川
写真を見る

 ◆オープン戦 ソフトバンク3-11西武(5日・ヤフオクドーム)

 西武の山川がオープン戦1号の満塁ホームランを放ち、開幕戦で激突するソフトバンクのホームで初めて新しいパフォーマンス「どすこい~」を披露した。

 6回無死満塁から源田、秋山と続けて一塁ゴロに倒れ、チャンスが消えかけた。ここで4番の一振り。相手の2番手、中田の甘く入ったスライダーを左翼テラス席へと運んだ。「打てて良かったです」とコメントした大砲は、ベンチ前で相撲の四股をイメージするポーズとともに野太い声を響かせた。

 チーム本隊から離れ本拠地・所沢で調整していたベテランの栗山、中村も合流。3回はその栗山が3ランを放つなど2019年型「獅子脅し打線」のお披露目となったゲームで宿敵から11点を奪い、いきなり2桁得点を記録した。

=2019/03/05 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]