西武1番金子侑が躍動 2点打&2盗塁 辻監督も新オーダーに手応え

 ◆オープン戦 中日0-3西武(14日・ナゴヤドーム)

 1番の金子侑が5回に2点適時打を放ち、走っても2盗塁を決めた。今春は1番に入ったオープン戦7試合のうち、6試合で安打を放つ好調ぶりで「チャンスでしっかり打てたのは大きかった」と満足げ。3年前の盗塁王の課題は打力。昨年まで3番だった浅村が楽天へフリーエージェント(FA)移籍したため、一昨年の首位打者の秋山を3番、金子侑を1番に据えるのが今季の構想。辻監督も「金子の足は魅力。よく機能している」と新オーダーに手応え十分のようだ。

=2019/03/15付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]