西武アクシデント相次ぐ 先発ローテ候補6人中3人リタイア 辻監督「そりゃ苦しいよ」

試合中、選手名鑑を読む西武・辻監督
試合中、選手名鑑を読む西武・辻監督
写真を見る
写真を見る

 ◆オープン戦 西武1-6DeNA(24日・メットライフドーム)

 オープン戦の全日程を終え、辻監督は選手たちに語り掛けた。「明日休んで、あさってからまた違った気持ちでグラウンドに降りてきてくれ」。主力が抜け、V2への道のりが厳しいのは百も承知だ。さらに先発陣にアクシデントが相次ぎ、厳しい船出が予想される。

 「そりゃ苦しいよ。(先発)6人の中から3人いなくなったんだから。これもチームとしての試練で大きな経験にもなる。開幕まで不安だらけ。全体でやるしかない」

 この日、ドラフト1位の松本航がリタイア。実績のある内海、榎田も加え、ローテ入りを想定していた3投手が不在で開幕を迎える。「先発が苦しいのは分かっている。野手が今まで以上に頑張ってあげようということ」。野手陣では体調不良だった中村が先発に復帰し、2019年型「獅子脅し打線」が形成され、指揮官も「これがベストだと思っている」と開幕オーダーと認めた。

 苦しい先発陣も、代役としてローテ入りする武隈がこの日、5回3失点と最低限の結果を残した。オープン戦のチーム防御率はリーグワーストの4・21。台所事情は厳しいが、開幕は待ってくれない。ソフトバンクとの開幕カードには多和田、今井、高橋光の右腕3人が先発予定。大きな試練に立ち向かい、2連覇への歩みを進める。 (小畑大悟)

=2019/03/25付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]