22日からSGメモリアル 若松ボートのPR隊来社

SG第63回ボートレースメモリアルのPRのため本社を訪れた(左から)前田将太選手と女性アテンダント「パインシェルジュ」の山内くみさん
SG第63回ボートレースメモリアルのPRのため本社を訪れた(左から)前田将太選手と女性アテンダント「パインシェルジュ」の山内くみさん
写真を見る

 若松ボート(北九州市)で22日に開幕する、SG第63回ボートレースメモリアル(27日まで・ナイター)のPRのため、同ボートの柴田克俊企画広報担当係長らが10日、同大会に出場する福岡支部の前田将太と、若松ボートでパインシェルジュを務める山内くみさんとともに、福岡市・天神の西日本スポーツを訪れた。

 メモリアルは、全国のボートレース場から推薦を受けた52人が出場する。初日12Rのドリーム戦は6地区(九州、中国、四国、東海、近畿、関東)の勝率上位者が出場。枠番も勝率上位順で、(1)白井英治(山口)(2)菊地孝平(静岡)(3)桐生順平(埼玉)(4)石野貴之(大阪)(5)篠崎元志(福岡)(6)田村隆信(徳島)が出場予定(かっこ内は支部)。

 柴田係長は「今大会に向けてさまざまな場所でPR活動を行いました。多くの方にSGメモリアルを注目していただき、売上目標額の120億円を突破したい」と抱負を語った。また、「大会が盛り上がるには地元選手の活躍が一番。期待しています」と前田将太にエールを送った。

 前田は「場(福岡ボート)の推薦枠で選ばれての出場。結果で恩返しをしたい」と気合十分。併せて「近況は優勝もあり気配は上り調子です。この勢いで頂点を目指したい」と意気込んだ。

 開催中はイベントも豪華。元AKB48の篠田麻里子(26日)らがトークショーを実施するほか、優勝戦がある27日は、プロボクサーの村田諒太、ボートレースCMキャラクターの渡辺直美が登場し大会を盛り上げる。

 パインシェルジュの山内くみさんは「毎日楽しいイベントが満載なので、若松ボートに遊びに来てください。イベントなどの情報もSNSで発信していきます。こちらにもご注目を」とPRした。

=2017/08/11付 西日本スポーツ=

ボートレース 直前チェック予想

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]