辻が7度目G1制覇へ 開設記念 【とこなめ】

 とこなめボートのG1開設64周年記念「トコタンキング決定戦」は最終日の17日、12Rで優勝戦が争われる。5日目の準優3番は、10Rは好枠の久田敏之がコンマ03の鋭発を決めて速攻。11Rは武田光史が2コースから差し抜けて白星。1枠の原田幸哉は3着に敗れ、秦英悟が2着でG1初優出を決めた。12Rは辻栄蔵がインから横綱相撲で逃げ快勝。この結果、シリーズリーダーの辻がV戦の絶好枠を獲得した。準優は「ベストの仕上がり」に上向かせて機力は万全。3日連続で逃げを決めて、2012年7月の徳山以来、通算7度目のG1制覇だ。

=2017/09/17付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]